「This PC doesn’t currently meet all the system requirements for Windows 11」エラーを修正し、それは何ですか

This PC doesn’t currently meet all the system requirements for Windows 11」というメッセージを受け取ったときに、コンピューターがWindows11をインストールできるかどうかを確認しています。 これは非常に一般的なエラーであり、多くの赤と黄色のメッセージが添付されているため、コンピューターを理解していない人にとっては非常に困難です。

このメッセージに付随する可能性のあるいくつかのエラーは次のとおりです:

  • The processor isn’t supported for windows 11 (プロセッサはWindows11ではサポートされていません)
  • TPM 2.0 must be supported and enabled on this pc. (このPCではTPM2.0がサポートされ、有効になっている必要があります。)
  • There is at least 4gb of system memory RAM (少なくとも4GBのシステムメモリRAMがあります).
  • This pc must support secure boot (このPCはセキュリティで保護されたブートをサポートする必要があります).

Rufusバージョン3.1.6以降を使用してUSBブートを作成します

Windowsをインストールするために起動可能なUSBを作成するのが一般的ですが、これが最良のオプションです。 Rufusを使用すると、Windows11のインストール時にすべてのエラーを無視するUSBを作成できます。最新バージョンは現在3.1.6Beta 2であり、ここからダウンロードできます。

https://rufus.ie/downloads/
このバージョンを使用してUSBブートを作成すると、拡張Windows 11インストール(TPM 2.0なし、セキュアブートなし)のオプションが表示されます。 インストールエラーをスキップできるようにするには、USBを作成して選択する必要があります。

Rufusバージョン3.1.6以降を使用してUSBブートを作成します
Rufusバージョン3.1.6以降を使用してUSBブートを作成します

通常どおりWindowsインストーラーUSBを作成し、Windows10のようにインストールする方法も非常に優れています。

WintoHDDを使用してWindows11をインストールします

WintoHDDは、isoを介してWindows 11を自動的に再インストールし、マシンがWindows11と互換性があるかどうかを確認する手順をスキップするソフトウェアです。 このアプリケーションは非常に使いやすいので、ほとんどのプロセスが自動で行われるため、WindowsをインストールするためにWindowsについて何も知る必要はありません。 ここからWintoHDDをダウンロードできます。

https://www.easyuefi.com/wintohdd/index.html
ダウンロード後にexeファイルを開いてインストールするのは非常に簡単です。すべて[次へ]をクリックし、4回目は[次へ]をクリックします。デスクトップアイテムに[アイコンを表示]にチェックマークを付けると、アイコンが常に外側に表示されるため、スタートメニューに移動して検索する必要がありません。 それ。

手順は次のとおりです。

ステップ1:アプリケーションを開き、[Windowsの再インストール(Windowsの再インストール)]項目を選択します。

ステップ2:イメージファイルセクションで、Windows 11のISOファイルを参照します。ISOファイルを選択すると、その中のバージョンが表示されます。 多くの機能のためにインストールするWindows11Proを選択します。 次に、[次へ]をクリックします。

WintoHDDを使用してWindows11をインストールします
WintoHDDを使用してWindows11をインストールします

ステップ3:[次へ]をクリックして続行します。 求められたら、[はい]をクリックして開始します。 実行後、「はい」をクリックしてコンピュータを再起動するように求められます。

ステップ4:座って待つと、WintoHDDが自動的にインストールします。 飛行機(地域、国を選択)で地球画面に到達するまでは、自分でインストールする必要があります。 ただし、ここではインストールされていると見なされます。 好きなものを無計画に(ランダムに選択して)選択すると、Windows11のインストールが完了します

ISOファイルを編集する

この方法は、私があなたに会ったり、起動可能なUSBでインストールしたりするときによく共有されます。 このメソッドは、Windows11をだましてTPM2.0チェックやその他の基準をスキップさせるために使用されます。 この方法では、Windows 10ISOファイルと1Win 11ISOファイルを使用する必要があるためです。 2回ダウンロードするのはかなり長い時間ですが、これは私が初期の段階で使用した方法であり、方法を見つけられませんでした。

方法:Windows 10ISOファイルを使用して起動可能なUSBを作成します。 次に、winrarを使用してWindows 11isoファイルを抽出します。 抽出後のインストーラーのSourcesディレクトリーには、winの新旧バージョンに応じてinstall.esdまたはinstall.wimファイルがあります。

このinstall.esdファイルをWindows10ブートUSBのsourcesフォルダーにコピーし、コピーして、Windows 10バージョンのinstall.esd(install.wim)ファイルを削除します。 代わりにこのファイルを使用します。 交換後、そのUSBを使用してインストールします。 Windows 10のルックアンドフィールでインストールしますが、内部のコアはWindows11です。これは非常に興味深いものです。

新しい音
ゼロから始める

最新着信音 2月 3, 2023 0 0

SnowMan – ブラザービート

最新着信音 2月 3, 2023 0 0

心臓の鼓動02

最新着信音 2月 2, 2023 0 0

iPhone 14アラーム

Iphone 着信音 2月 1, 2023 0 0

連続SFアラーム音

効果 音 1月 31, 2023 0 0

TXT – Sugar Rush Ride

最新着信音 1月 30, 2023 0 0